Iphone,レンタル

自分が死後、レンタルのIphoneはどうするか

自分が死んだら家族に残す遺書はどうしてどういう風に書けばいいか練習したいです。
読む人はどう捉えるか分かりませんが、自分の言いたい事ををはっきりさせるのが大事です。
読んだ人にとって死んだ後の片付けが楽になるような文章を書ければ嬉しいです。
遺族も死んだ人の気持ちがわかれば、片付けやすいというメリットもあり、トライする意味が深まります。
実際に記述した、自分の文章が以下の通りです。
私の財産は平等に、一親等内の家族で分ける事にします。
部屋にある私物は好きに使ってくれればいいですし要らない物は捨ててくれて構いません。
要る物は各自の判断に任せますが、専門家の意見によると小型の電化製品は再利用し、大型の家電は処分する方法があると言う意見があり、参考に出来ます。
自分の財産はレンタルの持ち物があり、中にはIphoneと言う現代の最新の機材も含まれます。
レンタルは人が死ぬと終わりにするのが通例で、Iphone以外のレンタルのdvd、掃除用具は同じ様に、契約の更新の取り消しを申し出て下さい。
借りている物に連絡先が、書いてある場合があり申請する時に戸惑う事は少なそうです。